■back
[1773]■リトルウィッチ&大槍葦人イラスト展、行ってきた♪
藤野はフリーの校正者なんですけど、いま担当している単行本の著者が、ロンドン在住なんですね。で、校正刷りを航空便でやり取りしているワケですけど、例のアイスランドの火山噴火の影響で、航空便もストップしていて、制作進行がてんやわんやになってます(汗)。大量の細かい意見交換やその修正、組方・レイアウトの微妙な変更やその指示などは、メールやファックスだけでは難しいんですよね……。おかげで、この週末までは、しわ寄せの仕事に追われそう(今夜は徹夜確定)な藤野です。まさか、地球の裏側の火山の噴火が、こんなトコロに影響してくるなんて……(泣)。
皆さんは、お変わりありませんか。

さて、本日(4 月 20 日)、とらのあな秋葉原店で開催中の『リトルウィッチ&大槍葦人氏のイラスト展示会【LITTLEWITCH AND OYARI ASHITO ART GALLERY 9 [NINE]】』に、行ってきました♪
詳しくは、とらのあな の Web サイト内の特設ページ(↓)
http://www.toranoana.jp/info/etc/100416_little/ 【注:現在はリンク切れです】
または、Littlewitch の Web サイト内の特設ページ(↓)
http://www.littlewitch.jp/home/special/toranoana_ag/
を見てもらうとして、ココからは、藤野の偏見の独壇場ってコトで(笑)。

いやぁ、すっごく良かったです! 終始、感動しっぱなしでした!!

特に、大槍葦人 先生の原画が、ホントにホントに美しくて、時間を忘れて見とれてました。展示は、上の とらのあな の Web ページの写真にあるように、キャンバス地っぽい紙に出力したカラー画像が額に入れて壁に掛けられていて、その前に、原画が展示してあるんですけど、藤野は、ほとんど壁を見るコトなく、原画に夢中になってましたね(苦笑)。
大槍葦人 先生の原画は、たぶん、製図用シャープペンシルで描かれたモノだと思うんですけど、原画集とかで見るよりも、遥かに遥かにシャープできれいな線でした(Littlewitch 設立前の古い同人時代のモノは、それほどでもないけど、でも、十分に見応えはありました)。原画集を持ってる人も、実物を見る価値は絶対にありますね。ホントにきれいで美しくて、原画のママだけでも、十分、作品として力を持って輝いているように感じました。正直、息が詰まって心が揺さぶられる感じ♪
内緒のハナシですけど、藤野が、製図用シャープペンシルを欲しくなってしまったのは、ヒミツです(苦笑)。同じ道具を使っても、同じような線が描けるわけじゃないのに……と、文具屋さんの店先を通る前に気づいて、良かった(笑)。

あと、隅のほうに、大槍葦人 先生が使っていたと思われるペンタブレットとシャープペンシルが置いてありました。シャープペンシルのほうは、アスリートがテーピングで使うようなテープを、ぐるぐる巻きにしてあって、実際に握る部分は、直径 1 センチメートルくらいにまで太くしてありましたね。ペンタブレットのほうも、独特の形状のプラスチックをはめて、太くしてました。そんなモノが見られたのも、面白かったです♪

藤野は、平日の昼過ぎに行ったんですけど、藤野が楽しんでいる間は、お客さんは 4〜5 人程度で、ゆっくりと見て回るコトができました。諸々の事情(主に卓球の練習に関する都合(苦笑))で、1 時間ほどで出るコトになっちゃいましたけど、ホントは、もっともっと浸っていたかったなぁ……(泣)。ナニも障害がなければ、2 時間でも 3 時間でも、ぜんぜん飽きなかったと思います。
開催期間は、4 月 25 日(日)(なんと、藤野の誕生日!)までらしいんで、もう 1 回くらい、観に行こうかなぁ〜どうしようかなぁ〜とか、悩み中。

そんなわけで、秋葉原に寄る機会があれば、入場は無料ですし、ぜひ一度、覗いてみるべきですよ♪

『Web 拍手』していただいた方、ホントにありがとうです! 元気が出ます♪
投稿者:藤野一宏 ── 投稿日:2010/04/20(Tue) 23:50:25

■このページの一番上に戻る。↑

[1773へのレス]■Re:行き忘れた…
末広町に行ってきたので、パーツショップ巡りはしてきたんだけど、とらとか寄ってこなかった。
というか、仕事中に行けるかッ!
投稿者:BD さん ── 投稿日:2010/04/22(Thu) 22:29:55

■このページの一番上に戻る。↑

[1773へのレス]■Re:お仕事、頑張ってください♪
BD さんは、近くまで寄られたんですか。行けなかったのは、残念。

ところで、明日(4 月 24 日(土))は、品切れ中だったアイテムが、「若干数」再入荷されるらしいんですよね。Littlewitch の公式 Web サイトのファンクラブ会員専用掲示板を見てると、福岡や岐阜などから参戦を企む猛者たちが、次々と現れて、ちょっと悩み中。「行っても、すぐに品切れになって、手に入らないかも知れないなぁ」とか「むしろ、オレなんかよりも、こういう人たちが手に入れるべきなんじゃないか」とか「そもそも、入手したとしても、どこに飾って、どれだけ大切にしてあげられるだろう」とか、いろいろと余計なコト、考えちゃうんだよなぁ……。
――でも、たぶん行くけど(苦笑)。だって、あの原画たち、見てるだけで、幸せだから♪
投稿者:藤野一宏 ── 投稿日:2010/04/23(Fri) 22:50:01

■このページの一番上に戻る。↑

[1773へのレス]■Re:今日も、行ってきた♪
ちょっと前のハナシなんですけど、地下鉄に乗ってたら、欧米人ビジネスマンと、日本人サラリーマンのペアが乗ってきたんですね。欧米人ビジネスマンは、「私の万年筆は○○社の製品なんですよ」とか、とても上手な日本語で喋ってるのに、なぜか、日本人サラリーマンのほうは、「あーあー、ジャパン、えぇ〜、イッツ、ナンバーワン、カンパニーね〜!」とか、ムリにできない英語で答え続けてるんですよ。極めつけに、カバンから『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海、ダイヤモンド社)』(↓)
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=978-4-478-01203-1
を取り出して、「ジャパニーズ、オール、ディス、リード、スタディ、ケーザイ、ユー、リード?」とか、ワケの分からないコト、言い出して……。なんだか、とってもイタイ時間で、つらかったです。
皆さんは、いかがお過ごしですか。

さて、前のコメントでも書いたように、今日(4 月 24 日)もまた、とらのあな秋葉原店で開催中の『リトルウィッチ&大槍葦人氏のイラスト展示会【LITTLEWITCH AND OYARI ASHITO ART GALLERY 9 [NINE]】』(↓)
http://www.toranoana.jp/info/etc/100416_little/ 【注:現在はリンク切れです】
(↑)とらのあな の Web サイト内の特設ページ
http://www.littlewitch.jp/home/special/toranoana_ag/
(↑)Littlewitch の Web サイト内の特設ページ
に行ってきました♪

今日は、午前 10 時に開場だったんですけど、藤野は 15 分遅れくらいで、会場に着きました。そのときには、グッズ販売の列に 20 人近く並んでたかな。前のコメントで、いろいろと書いたくせに、藤野も、なんとなくつられて、あまり深く考えずに、その列に並んじゃって、自分の順番が来たときには、つい勢いで、2 種類のタペストリーを両方とも買っちゃいました(苦笑)。買えなかった方、いらっしゃったら、ホントにごめんなさい……。
でも、家に帰って、いろいろと部屋をアレンジして飾ってみたら、ホントにすっごくイイ感じの部屋に変身しちゃって、めちゃくちゃごきげん♪ とってもステキな誕生日プレゼントになりました♪ ずっと大切にしたいと思います!

前回買いそびれたグッズを買ったあとは、まだちょっと混んでたんで、ヨドバシカメラでヘッドホンを買ったり(コレもイイ買い物でした♪)、近くの本屋を物色したりして(こちらは欲しかった本がどこにもなかった(泣))、昼前まで時間を潰してから、今度はゆっくり作品を見て回りました(それでも、前回の平日よりは断然人が多かったですね……)。
とらのあな の Web サイトには、4 月 21 日から展示内容が一部変わる――みたいなコトが書いてあったので、楽しみにしてたんですけど、原画は同じで、額に飾ったカラー出力された作品のほうが、一部入れ替わっていただけみたい……。
でも、2 時間近く、じっくり楽しんじゃいました♪

内容は、基本的に、1 番上のコメントで書いたコトと同じなんで、割愛。
いやぁ、それにしても、久しぶりに、ホントに充実した 1 日になりました♪ 誕生日(4 月 25 日)の前祝いって感じかな(笑)。
投稿者:藤野一宏 ── 投稿日:2010/04/24(Sat) 23:03:02

■このページの一番上に戻る。↑

[1773へのレス]■Re:やっぱり語り足りないっ!(苦笑)
誕生日(4 月 25 日)は、1 人寂しく、『シュガーコートフリークス』(↓)
『シュガーコートフリークス』応援バナー
http://www.littlewitch.jp/home/special/lw08/
をしたり、大槍葦人 先生の画集などを眺めたりしつつ、気づいたら終わっていた藤野です(泣)。
皆さん、お元気ですか。

>藤野(No.1776)「内容は、基本的に、1 番上のコメントで書いたコトと同じなんで、割愛」

……とか、言っておきながら、まだまだ語り倒してみます(苦笑)。

とにかく、さらさらウェーブの髪の毛とか、柔らかさとしなやかさ、温かさまで感じられる微妙な体のラインとか、微細なレースの表現とか、なんで、どうやって、こんなにきれいな曲線が描けるんだろう……と。もちろん、描かれてる女の子たちのかわいさは言うまでもないんですけど、その子を構成している 1 本 1 本の線の持つ表情が、ホントに豊かで美しくて、いつまでも見とれてしまいました。
上のコメントで、「画集とかで見るよりも、遥かに遥かにシャープできれいな線でした」と書きましたけど、古い同人時代のモノは、1 本 1 本の線だけを取り出して見れば、とくに感動するほどでもなくて(もちろん、全体を見たときの印象は感動モノなワケですが)、『白詰草話』から『Quartett!』のあたりで、突然、1 本 1 本の線だけを見ても、息をのむほどの美しさが際立つようになるんですね。そのあたりの「歴史」を感じ取れたのが、ちょっとおもしろかったです。

「歴史」と言えば、最初の頃は、ずっと、上質紙っぽい紙を使っているんですけど、2009 年頃から、ケント紙っぽい厚手の紙を使ってるみたいです。そういえば、たしか、ある時期から、「ラフ」→「クリーンナップ」で完成という手順から、「ラフ」→「クリーンナップ」→「クリーンナップ」という描き方に変えた――と、どこかで言っていたような記憶があるんですけど、それとも影響しているのかな?

あと、藤野と比べても、ナンの意味もないんですけど(苦笑)、……

>藤野(No.1773)「シャープペンシルのほうは、アスリートがテーピングで使うようなテープを、ぐるぐる巻きにしてあって、実際に握る部分は、直径 1 センチメートルくらいにまで太くしてありましたね。ペンタブレットのほうも、独特の形状のプラスチックをはめて、太くしてました」

多くの絵描きさんは、そうしてるみたいですね。
でも、藤野は、握る部分が細いほうが描きやすくて、シャープペンシルは、握りの部分にはまってるラバーを、わざとずらして使ってます(ラバーの厚さの分だけ、その部分が細くなるわけです)。藤野は、体の大きさに比べて、すっごく手が小さくて、身長が 170cm くらいあるのに、ごく普通の女の人くらいの大きさしかないんですね。ちょっと指の長い女の人だったら、簡単に負けるくらい。そのへんも関係してるのかなぁ。
ちなみに、会場では、大槍葦人 先生が作品を描いてるところを映したビデオも流されていたんですけど、ペンの持ち方が、かなり変わっていて、「よくそんな持ち方で描けるなぁ〜」と、めちゃくちゃ驚かされました。

最後に、ホントに絵描きの魂をもった人なら、これだけ心を動かされたら、創作欲ががんがん沸き立つモノだと思うのですけど、実は、藤野は、あのイラスト展に行ってから、なぜか、まったく落書きできなくなってしまいました……。なんだか、描こうとする意欲すら出てこないという感じ。
そんなわけで、最近は、本を読んだり、ゲームしたりする時間が、ちょっと増えてます♪(苦笑) ← 仕事しろよっ!!
投稿者:藤野一宏 ── 投稿日:2010/04/26(Mon) 22:54:58

■このページの一番上に戻る。↑

[1773へのレス]■Re:造形美としての女の子♪
先日、布団を干してたら、通り雨が直撃! 幸い、布団本体にダメージはなく、シーツを洗い直す程度で済みましたけど、かなりヘコみました……。ここのところ、ツイてないコトが続いてる藤野です。
皆さまは、いかがお過ごしですか。

さて、かなり前のハナシになってしまいますけど、大槍葦人ラフ画集・ベタグラフ総集編BETAGRAPH COLLECTION』(↓)
http://www.littlewitch.jp/home/special/dreamparty2010s/#new
(↑)『LITTLEWITCH ドリームパーティー東京2010春』特設ページ
が、家に届きまして、堪能してます♪ コレは、Littlewitch 最初期に発行されたラフ画集から、最新のラフ画集までの 5 冊を、1 冊にまとめたモノで、合計 400 ページという総集編。いまは、ベッドの脇に置いて、寝る前にゆっくりと眺めては、楽しんでます♪

>藤野(No.1778)「(前略)古い同人時代のモノは、1 本 1 本の線だけを取り出して見れば、とくに感動するほどでもなくて(もちろん、全体を見たときの印象は感動モノなワケですが)、(後略)」

ラフ画集は、当然みんなラフ画なんで、1 本 1 本の線もラフなわけですけど、だからこそ、良く見えてくるコトもあるわけで……。
掲載されているラフ画は、どれもホントに、女の子のいちばん美しいラインや仕草が、とっても映えていて、美しいなぁ……と。どういう体のライン、どういう仕草、どういう服のどういう着こなしが、いちばん女の子がかわいく見えるのか――このラフ画集を眺めてると、その理想型への試行錯誤(の成功例部分)が良く分かるなぁ……と。ヘンな言い方ですけど、1 つの造形物として美しいモノを観ている――という感じ。
あと、やっぱり、かわいい女の子を描けるようになるためには、たくさん描かないといけないんだなぁ……と。大槍葦人 先生は、どこかで、「1 週間で、スケブ 1 冊を描ききるくらいのペースで練習した」と言っていた記憶があるんだけど(いい加減な記憶でゴメン……)、この美しい少女たちも、そういう試行錯誤の成果なんだなぁ……と。

まぁ、そんな素人のウンチクはどーでも良くて(苦笑)、言いたいコトは、ホントにかわいい女の子、それもたくさんの女の子たちを眺めるのは、ホントにホントに楽しいなぁ♪――と、ただ、それだけ。
最近、ツイてないコトばかりの藤野ですけど、布団のなかで、このラフ画集を眺めながら眠りにつくコトが、近頃、唯一の癒しです♪(さびしい生活だな……(苦笑))
投稿者:藤野一宏 ── 投稿日:2010/05/31(Mon) 23:02:53

■このページの一番上に戻る。↑

[1773へのレス]■Re:ちょっと愚痴らせてくれ…(苦笑)。
いま、藤野が校正を担当してる本が、マジで、どーしよーもなくヒドくて、ホントにイライラさせられてます――人に見せる前に、少しは推敲しろよっ(怒)。おかげで、仕事は進まず、スケジュールも、どんどん厳しくなる悪循環……(泣)。
元新聞記者・論説委員の書いている本なんですけど、誤字脱字は当たり前、ノンフィクション・ドキュメントなのに、毎ページのように事実誤認・捏造が見つかって、うんざり……。どうやら、「このほうが、お話としてオモシロい」とか「こうなら、持論にとって都合がイイ」とかいったストーリー(というか「創作」)を、そのまま事実として書いているらしい……。「新聞記事って、こうやって作られてるんだなぁ」というのが、良く分かります(苦笑)。

そんなワケで、精神的にとってもツライ、今日この頃。
――でも、心配無用。仕事に疲れて、顔を上げると、机の横には、『リトルウィッチ&大槍葦人氏のイラスト展示会【LITTLEWITCH AND OYARI ASHITO ART GALLERY 9 [NINE]】』(↓)
http://www.toranoana.jp/info/etc/100416_little/ 【注:現在はリンク切れです】
(↑)とらのあな の Web サイト内の特設ページ
http://www.littlewitch.jp/home/special/toranoana_ag/
(↑)Littlewitch の Web サイト内の特設ページ
の会場で購入した ジル・グランシルト・ルリタニア(↓)
『シュガーコートフリークス』応援バナー
http://www.littlewitch.jp/home/special/lw08/
のタペストリーが、飾ってあって、ホントに癒されてます♪ もう、かわいくて、かわいくて……優しく頭をなでてあげたい♪ タペストリーなんで、ホントになでるコトはできないんですけど、このタペストリーの ジル ――「わたしの頭をなでなさいよ……」と言ってるとしか思えません(笑)。
イラスト展の会場では、「買おうかなぁ、どうしようかなぁ」とか、けっこう悩んだんだけど、やっぱり、買って良かったです。ホントに、いま、この ジル に、どれだけ救われてるか……。ありがとう、ジル。

やべ……オレ、ちょっと、壊れ気味?(苦笑)
投稿者:藤野一宏 ── 投稿日:2010/06/02(Wed) 23:13:12

■このページの一番上に戻る。↑

【過去ログ: 9 Page 目より】

■back