■back
<<>>

応援してください、「はやぶさ 2」。「はやぶさ」の成果があぶない。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ」チームが、公式サイト内『「はやぶさ」の近況と「はやぶさ-2」にむけて』で出した異例のメッセージです。

いままで誰もが空想はしてみても、現実的な話をしだした瞬間、誰もができなかった(できないと思ってた)コトを、「はやぶさ」は成し遂げました。「太陽系大航海時代」への扉を開いたのです。その先に続く道へと踏み出すのかどうか、いま問われています。

「はやぶさ」は、誰もが「できない」と思っていたコトが、実は「できる」というコトを、世界中のすべての人たちに示しました。NASA をはじめ、世界中の人たちが、その扉の向こうにひろがる新たな道へと殺到する勢いです。
そんななか、最初に大きなリスクとコストを賭けて扉を開いた日本は、何の果実も得られないまま、扉を開いただけで終わってしまって、本当に良いのでしょうか。

技術は、外交カードともなりえます。
いま、世界各国で、開きたくても誰も開けなかった扉を開いた「はやぶさ」の技術とノウハウの獲得が、目指されています。その技術とノウハウを持っているのは、いま、日本だけです。でも、いつまでも日本だけであるわけがありません。
そして、技術は、生き物でもあります。
一度失ってしまえば、その技術とノウハウを取り戻すのは至難の業です。戦前、世界的にも優秀な航空機を設計・生産していた日本は、戦後、わずか 20 年にも満たない空白期間で、世界水準にまったく永遠に追いつけないまでになってしまいました。

いまのままでは、最初に大きなリスクとコストを賭けて扉を開いた日本は、何の果実も得られないまま、扉を開いただけで終わってしまいます。「はやぶさ」の後継機――「はやぶさ 2」が実現できれば、当面、それは回避できます。でも、いま、そんな状況であることは、ほとんど知られていません。特に、為政者たちが知りません。

「はやぶさ 2」実現の鍵を握るのは、財務省と JAXA です。財務省と JAXA が「はやぶさ 2」の予算を認めるかどうかにかかっています。もちろん、日本の財政は危機的状況にあります。JAXA の予算も限られています。「はやぶさ 2」を実現するために、他の有意義な計画が犠牲にされるというのでは本末転倒です。
でも、ただ「為政者たちがその意義を十分知らなかった」という理由だけで、「はやぶさ 2」が実現されないのだとしたら、納得できません。とにかく、まず議論の俎上に載せて欲しい。私が望むのは、それだけです。

あなたにできることがあります ──気軽に意見してみよう!
もしもなにか感じるモノがあれば、ぜひ以下の Web ページをご覧下さい。

■ジャーナリスト・松浦晋也 氏のブログ『松浦晋也のL/D』内のエントリ『「はやぶさ2」実現に向けて』。

■有志による『はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン』ページ(↓)
はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン(24KB)【注:現在はリンク切れです】

□文面に関しては、『はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン』【注:現在はリンク切れです】内の下のほうにある「応援している人リンク」などを参照してみると良いかも知れません。一応、藤野の送信文を下に掲げておきます。

藤野の送信文(全文)
件名:小惑星探査機「はやぶさ 2」実現のお願い

お忙しい中、大変失礼します。
私は出版業界に勤めている一納税者です。小惑星探査機「はやぶさ 2」の実現が危ぶまれていると聞き、僭越ながら、(財務省・文部科学省・政府)担当者にご配慮をお願い申し上げたく存じます。

小惑星探査機「はやぶさ」では、世界初の小惑星タッチアンドゴーや数々の見事なトラブルシューティングなど、その運用の様子を逐一、大いなる知的興奮と同じ日本人としての誇りを感じながら、応援させて頂きました。
世界中を羨望させた数々の画期的な科学的成果に、太陽系や宇宙の謎に思いを馳せました。子供たちの科学・技術への興味関心はさぞ刺激された事でしょう。
様々なトラブルに見舞われても決して諦めず、限られた条件であっと驚くような解決策を見出し、途方もない困難をひとつひとつ乗り越えていくさまは、日本人の勤勉さと独創性を世界に見せつけてくれました。子供たちが、運用チームの奮闘に「大和魂」「日本人としての誇り」を感じた事は間違いありません。

しかし今、それらの栄誉や誇りが、諸外国によって横取りされようとしています。
これまで私たちは、多くの日本人の活躍や美しい国土などによって自然と「愛国心」を育まれながらも、政府の施策などによって、それを萎えさせられる──という事が続いてきました。
小惑星探査機「はやぶさ 2」が実現しなければ、「はやぶさ」の成果は諸外国に掠め取られてしまいます(「「はやぶさ」の近況と「はやぶさ-2」にむけて」を参照)。このままでは、「個々の日本人が頑張っているだけで、日本はやっぱりダメなんじゃん」という印象を、子供たちに植え付ける事の繰り返しです。

今、政府は、子供たちに「愛国心」を持ってもらおうと苦心されているようです。科学立国として「理科離れ」の問題も深刻かと思います。これらの問題に対する小惑星探査機「はやぶさ 2」の有用性を、今一度考えて頂きたいと切望します。
小惑星探査機「はやぶさ 2」は、「はやぶさ」の実績と経験をそのまま活かすものであり、決してリスクの大きい投資とは思えません。ぜひとも、小惑星探査機「はやぶさ 2」実現に向けて、担当者のご配慮をお願い申し上げます。
 

『藤野一宏 PRIVATE-ROOM』は、
探査機はやぶさ』を応援しています。
"はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン"へ。(6KB)
"はやぶさ君の冒険日誌 - はやぶさファン! - 月探査情報ステーション"へ。(7KB)

■このページの一番上に戻る。↑

■back